1.     資金レートアービトラージとは何ですか?

現物価格で先物価格をアンカーするために、暗号永続契約市場に資金レートメカニズムを導入した。このメカニズムによると、市場が上昇すれば、マルチヘッドが市場を主導では、永続契約価格は現物価格より高く、資金レートがプラスであり、つまりロングサイドはショートサイドに資金レート手数料を支払う必要があります。資金レートがマイナスの場合、状況は正反対です。詳細なルールは次のとおりです:

資金レートがプラスの場合、ロングポジション保有者(契約バイヤー)はショートポジション保有者(契約売り手)に資金レート手数料を支払う必要がある。資金レートがマイナスの場合、ショートポジション保有者(契約売り手)はロングポジション保有者(契約買い手)に資金レート手数料を支払う必要があります。 

注意点:AscendEXの資金レート手数料の決済時間は、8時間ごとに00:00 UTC、08:00 UTC、16:00 UTCです。 

従って、理論的には、価格変動リスクに関わらず、常に高いレベルの資金レートでトークンを保持しているポジションは、より高いリターンを獲得する可能性があります。言い換えれば、トークンが長期にわたって持続的な高融資率を持っている場合、投資家は資金レートメカニズムを利用してトークンを保有することから利益を得られます。 

OMI永続契約を例にとると、AscendEX永続契約の資金レート履歴によれば、OMI永続契約の資金レートは長期間に渡って高水準でプラスのままであり、これは、ユーザーがOMIのショートポジションを保持するだけで資金費から収益を得られるという意味です。

しかし、上記の利益戦略は価格変動リスクを考慮していないことに注意してください。理論的には、投資家はOMIのショートポジションを保持するだけで資金レート手数料を得ることができるが、市場の傾向が早期の予想に反してOMI価格が上昇すると、投資家はポジションで損失を受けることになります。リスクをヘッジするために、投資家は現物市場で等値OMIを購入するか、保証金市場で等値資産のロングポジションを保持する必要とする。

 

2.     資金レートアービトラージのコア戦略

資金レートアービトラージを把握するには、投資家は2つの重要な面を考慮しなければならない:

1)     資金レートが高く、持続時間が長い通貨を選択します

資金費用から利益を得るためには、投資家は資金レートが高く、持続時間の長いトークンを選ぶべきだ。

注意点:資金レートアービトラージを実施する前に、AscendEXで全ての先物通貨の最新資金レート履歴データを参照してください。

2)     現物/保証金市場で反対のポジションを保持することによって変動リスクをヘッジする

価格変動リスクを低減するために、資金レートアービトラージ方式で永続契約取引を行うユーザーは、取引リスクをヘッジするために現物または保証金市場で同じ価値の反対のポジションを保持する必要があります。

 

3.     資金レートアービトラージから利益を得るには

簡単に言えば、ユーザーは永続契約取引でポジションを持ち、現物/保証金取引で同じ価値の反対のポジションを保持する必要があります。

1) 資金費用からのアービトラージ - 永続契約/現物ヘッジ

a. 現物資産を購入する

b. 永続契約市場で同じ価値の資産のショートポジションを開く

c. ポジションをクローズする時間を選択し、現物資産を売却して利益を得る 

OMI永続契約を例にとると、OMIの資金レートは0.422%と仮定し、そして0.566%に上昇する見通しだ。ユーザAは、現物取引において10,000 USDTのOMIを購入するとともに、永続契約取引において等値OMIを発行する。次の投資区間では、ユーザーは10,000 USDT*0.556%=55.6 USDTを稼ぐことができると予想されています。資金レートがこのレベルで1週間維持すると仮定して、即ち、ユーザーのポジションは1週間で55.6*3*7=1167.6 USDTを得ることになります。(注意点:理解を容易にするために、このケースでは、保有期間の価格行動によるポジション値の変化は考慮されていません。) 

注意点:ヘッジは、現物と先物のヘッジ価値が等しい場合にのみ実現できます。 

2) 資金費用からのアービトラージ - 永続契約/保証金ヘッジ

保証金取引は金利に関連するため、ユーザーは資金レートアービトラージを採用する際に金利の潜在的な影響を考慮する必要があります。

a.     資金レートがプラスで金利と取引費用の合計より大きい場合、ショートサイドはロングサイドから資金レート費用を受け取る。即ち、保証金取引で資産を購入し、永久先物取引と同じ価値の資産のショートポジションを開きます。

b.     資金レートがネガティブで金利と取引費用の合計より大きい場合、ロングサイドはショートサイドから資金レート費用を受け取る。即ち、保証金取引で資産を販売し、永久先物取引と同じ価値の資産のロングポジションを開きます。 

全体的に、取引コストを考慮すると、永続契約取引における資金レート(浮動金利)と固定レートの違いは、永続契約と現物保証金取引からどれだけ利益を得ることができるかの鍵です。先物資金のレートが変わらない場合、大きな利益を得るためには、ユーザーは固定手数料率を最小限に抑える必要があり、すなわち金利と取引手数料を下げる必要がある。AscendEXは等級レート制度を採用している。アカウントレベルが高いほど、レートが低くなります。ユーザーはAscendEXの手数料レートシステムを参照して、対応する資金レートのスイートを行い、より高いリターンを得ることができます。

 

4.     資金レートアービトラージの注意事項:

1)     清算を避けるためにレバーを下げる。永続契約価格は現物価格と連動して変動するため、資金レートアービトラージのリスクは低く、あるいはリスク基本的にないです。しかし、ユーザーは相変わらず価格の大幅な変動による清算リスクに注意しなければならない。

2)     市場調査を行い、トークンを慎重に選択してください。資金レートから利益を得るために、ユーザーは購入した資産と資金レートに対して自分の市場研究を行い、より高い資金レートそして長期間続く適切なトークンを選択する必要があります。

3)     取引リスクを低減するために適切に投資する。大量の投資が市場の深さに限られた小型のトークンに投入されると、スリッページが現れる可能性があります。

4)     投資資産を頻繁に交換したり、ポジションを頻繁に調整したりしないでください。頻繁にポジションを調整し、ヘッジのために投資資産を変更すると、稼いだ利益が取引コストをカバーできなくなります。